トヨタ自動車アンテロープス – 大神雄子 ロングインタビュー

WJBLが今変わろうとしてます。

及川 よろしくお願いします。僕自身、インタビューとかあんまりしたことないんですけど……(笑)。

大神 あっ、そうなんですか?

及川 はい、僕もずっとバスケをやってまして。今も3×3の「湘南サンズ」っていうPREMIERのチームにいるんです。

大神 ああ、あれですよね、石田(剛規)君がやってる?

及川 そうです、石田さんと一緒に。

大神 はいはい。石田、同級生ですよ。

及川 その流れで、バスケのユニフォームとかを作ってる会社で働いているんですね。それで最近は女子の選手、WJBLの選手にウエアの提供とか、いろいろ盛り上げていきたいなって思ってたんです。そんなときに、『ダブドリ』から誰かにインタビューしてみないかってお話をいただいて。それで大神さんをリクエストさせていただきました。

大神 ありがとうございます。よろしくお願いします。

及川 まずはオールスターお疲れさまでした。僕、見に行ってました。

大神 あっ、そうなんですか。

及川 はい。あんなにじっくりと見させてもらったのは今回が初めてだったかもしれないですね。もちろん今までも見たことはあったし、3ポイントコンテストだったり、スキルチャレンジも含めて見てたんですけど。それで今回、印象的だったのが、お客さんを楽しませる面白い部分と、しっかり技を見せる部分が分かれていたこと。それに、選手側が大会を盛り上げようと考えてやってるんだなっていうことでした。僕もそういうのを企画する側の目線で見てたので、すごく新鮮でしたね。

大神 うんうん。

及川 イーストとウエストで、大体ウエスト側のほうが“遊ぶ”じゃないですか?

大神 はいはい。ベンチパフォーマンスですよね。

及川 あれって、トヨタ発信ですか。

大神 そうですね。オールスターは今年で3年目なんですけど、1年目のときから、ベンチパフォーマンスに力入れてるのはウエストですね。それがトヨタからっていうのは間違いないです。

及川 ほお。

大神 ただ、今年の「にゃんこスター」とかは、デンソーの高田とかが提案したんです。結構、少しずつウエストにも、その団結力が浸透しつつありますね。

及川 そうなんですね。やらなきゃ感が出るんですね。

大神 そうそう。今年はお面とか用意して…

続きは本誌でチェック!

ダブドリ Vol.2

ダブドリ Vol.2

巻頭インタビュー「田口成浩」
発売日:2018.03.15
価格:1,000円(税込)
A5並製 160ページ
購入する »

ダブドリ

ダブドリ

Add comment