フリースタイルバスケットボールチーム – 大阪籠球会 ロングインタビュー

NBAでパフォーマンスしたくて、あてもないなかチームで渡米。ジャマール・クロフォードのお母さんが担当者と交渉してくれた(KAN)

※本インタビューは大阪籠球会がNBAでパフォーマンスを行う役1か月前の1月に実施された

大柴 2月にNBAデビューということで。おめでとうございます。

一同 ありがとうございます。

大柴 NBAデビューが決まったときにSNSで拡散されていたトレーラーを拝見しました。きっかけは2016年のサマーリーグのショーに行ったことだったとか。それも出演が決定する前に乗り込んで行ったって聞いたんですが。

ISE そうですね。

大柴 それはどういう話から始まったんですか。

KAN 僕が子どもにバスケを教えるスクールをやっていて、毎年、アメリカのシアトルに行ってたんですよ。その流れでサマーリーグも毎年、見に行っていたんですね。で、ここでパフォーマンスできないかなってずっと打診してたんです。でもなかなか決まらなくて。それで2016年、また行くタイミングで、僕からメンバーに言ったんです。「決まるか分からんけど1回行って、みんなで交渉したら何とかなるかもしれへん」って。

大柴 おおお。

KAN で、行って交渉してみたら、できた。

大柴 すげえ。メンバーの皆さんはKAN さんから「行ってみよう」って言われたときはどんな感じでしたか。

mic まあ、KANさんはKANさんで、「自信がないわけじゃなかったんだよな」って言ってましたよね。

KAN 自信はあったよ、全然。

mic 半分乗っかったみたいな感じですね(笑)。

ISE ま、実際行きたかったしね。

mic あとサマーリーグ自体、ジャマクロ(ジャマール・クロフォード)とか、自分が知っているNBA選手が出るっていうのが魅力でしたね。最悪、パフォーマンスできなくても、なにかしら繋がりとかはできるかなってのもありました。

大柴 皆さんは普段NBA見られるんですか。

FATBOY ちょいちょい。

ISE えーと、テレビを見る環境がないんで。

一同 (爆笑)。

BON 物理的に。

KAN 見る環境からやばいの、やばいわ。

大柴 フフフ。

ISE 見るならスマートフォンで見る。ハイライトとか、順位を見たりね。

KAN テレビないってやば過ぎるやん。

一同 (笑)。

KAN でもシアトルに行くと、さっき言うてたジャマクロもそうっすけど、アイザイア・トーマスとかも。あとはザック・ラビーンとか、ネイト・ロビンソンとかいるんですよ。

大柴 おおお。

KAN 僕、向こうでもトレーニングをするんですけど、その場所がアイザイア・トーマスとネイト・ロビンソンと一緒なんですよ。一度、アイザイア・トーマスとトレーニングパートナーになって…

続きは本誌でチェック!

ダブドリ Vol.2

ダブドリ Vol.2

巻頭インタビュー「田口成浩」
発売日:2018.03.15
価格:1,000円(税込)
A5並製 160ページ
購入する »

大柴壮平

ダブドリ発行人。ポッドキャスト『MarkTonightNTR』のMC。

Add comment