撮影:石川元

三遠ネオフェニックス、比留木謙司のロングインタビュー

日本のバスケは今、第三のスポーツから第二、第一を目指してるところ。バスケ以外の動機で来てくれた人たちにいかにバスケの「物語」を伝えられるか。文化として浸透し始めている準備段階。

大柴 今日は比留木さんに、SNSでの発信について聞こうと思ってオファーしたんですけど、なんと、オファーした直後に、僕、Twitterで比留木さんと絡みがありまして。
比留木 はい、あれ?

大柴 僕、実は湘南サンズの公式Twitter担当してまして。
比留木 そうなんですね。

大柴 アハハハハ。
比留木 なるほどです。

大柴 すいません、弄っていただいて。
比留木 僕てっきり、(石田)剛規さんだと思ってたんです。

大柴 アハハハハ。自分は比留木ファンなのに、サンズTシャツが欲しくなってきたというファンの方がいて、僕が「比留木選手ファンで、サンズTシャツ購入された方が既にいますよ」ってリプ送ったら。
比留木 そうそう、その経緯は見たんですよ。

大柴 比留木さんが引用リツイートで「おい、マージンよこせよ」と。これ、やっぱエゴサしてるんですか?
比留木 エゴサめっちゃしてます。

大柴 ハハハ。
比留木 逐一。

大柴 やっぱり。で、僕が比留木さんに「比留木選手経由で売れたTシャツはマージン払うんで大々的に宣伝してください」って。
比留木 そうですよね。

大柴 そしたら比留木さんが「おいおい、やめろ、俺が金の亡者みたいになってるじゃねえか」て。
比留木 全部覚えてますよ。自分の発信したやつは。

大柴 さすがです(笑)。で、実は一旦ここで終了してるんですけど、その後、他のファンの方が面白がってくれて。「なるほど、このTシャツを買うと比留木選手にマージンが入るのか、じゃあ買おうかな」みたいなツイートをされて。で、僕が「勘違いしてる方がいると思いますけど、比留木選手にマージンが入るのは、購入の際、備考欄に比留木選手のツイートを見ましたと書いてあった場合のみです」という引用リツイートをして、ハッシュタグ“食べログ方式”って付けたんですよ。
そしたら比留木さんから「そちらの石田代表に対して裁判起こすぞ、こら。元々爽やかイケメンに虫唾が走る思いがしてたんだよ」と引用リツイートが来て。顔ネタ多いじゃないですか、比留木さん。イケメン批判もそうだけど、マニー選手と外国人顔同士で弄り合ってたりしたのも見てたんで、得意の顔面ネタに切り替えてきたのかなと思いまして。
比留木 いやいや、いわばプロレスですよね、分かりやすく言ったら。なんかちょっと際立ったキャラを作って…

続きは本誌でチェック!

ダブドリ Vol.1

ダブドリ Vol.1

巻頭インタビュー「ロバート・サクレ」
発売日:2017.11.30
価格:1,000円(税込)
A5並製 160ページ
購入する »

大柴壮平

ダブドリ発行人。ポッドキャスト『MarkTonightNTR』のMC。

Add comment